完全無欠の風俗嬢

遊んでみないと分からない部分もある

口コミであまり良い評判ではない風俗嬢に関しては敬遠した方が無難だとの声があるのは、理屈的にはよく分かる話です。口コミって実際に試した人の声なので、頼りになるのは言うまでもないんです。でも、それはあくまでも「その人の気持ち」なので、自分にも必ず適合するっていう保証がある訳ではないですよね。むしろそれが自分の中でも大きいんですよ。だからこそ、風俗では自分の主観も大切にしたいので、口コミが間違っているとか、意味がないとまでは言いませんけど、自分の気持ちもまた、大切にしたいなって気持ちも持っているんですよね。それに、実際にあまり口コミでは評判が高い訳ではない風俗嬢でも、指名して楽しんでみたらかなり良かったってケースはあるんです。だから口コミは全く無視するとまでは言いませんけど、話半分と言うか、良い口コミも悪い口コミも客観的に考えるように心がけています。それを心掛けるだけでも、風俗選びが結構違うんですよね。

迷ったら若さで選びます

すんなりと相手を決められるケースもあれば、逆になかなか相手が決まらないケースもあります。なかなか決められない時には、取り敢えず若い風俗嬢にしていますね。若い風俗嬢にしておけば、とりあえず男としてのプライドは満たされるんですよ。「若い女を相手にしている」みたいな気持ちになれるじゃないですか。この気持ち、結構重要なんじゃないかなと。なぜなら、この気持ちが結局は自分の満足度に繋がって、快感も高まるんです。それに、若いとそれだけでこっちもハードルが下がりますよね。熟女だと気持ち良くさせてくれて当たり前というか、むしろどれだけ満足させてくれるのかということしか求めていませんけど、若い風俗嬢だと何をするとかしないとかじゃなくて、それこそ一緒に居るだけでも許せるというか、話しているだけでも満足できるケースは珍しくないんですよ。そう考えると、単純に考えて若い子にしておいた方が自分の気持ちが変わるものだなって思いますけどね。